2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« アルプスの山を空から見たくて | トップページ | 「望月弥栄」 読了 »

2008年5月20日 (火)

「花に嵐の喩えもあれど 魍魎の都」 読了

 本宮ことはさん著「花に嵐の喩えもあれど 魍魎の都」読み終わりました。

 この作品の主人公は碓井貞通。

 貞通の儚く激しく切なく辛い最初の恋の物語。

 なんだ、こんなに簡潔にあらすじが書けるじゃないか。>自分
 いや、これはあらすじではなく、簡単な作品紹介ですね。(苦笑) 自分で自分にツッコミを入れてみました。(^^;)

 貞通の女装には深くて重い理由がありました。…成人してからは、趣味が勝ってるような気がしないでもないですけど。

 諾子ちゃんと則光くんは冒頭とラストにちょっと登場するだけなので、諾子ちゃんと則光くんの怒涛の活躍は、この作品では読めませんでした。次に期待かな。

« アルプスの山を空から見たくて | トップページ | 「望月弥栄」 読了 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« アルプスの山を空から見たくて | トップページ | 「望月弥栄」 読了 »