2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

空から見た地球。

 テレビ朝日の「空から見た地球。驚異の絶景ミステリー~あなたの知らないこの星の奇跡~」 旅好きには魅力あふれる番組です。

 まずは香椎由宇さんが南米ボリビアのウユニ塩湖へ。セスナから見た塩の模様やチパヤ族の村の円形の謎の物体はまさに絶景。
 チパヤ村の土地は塩が浮き出している。過酷な土地。それでもそこに住む人々がいる。上空から見える円形はチパヤ族の家畜小屋。空から見た円形はチパヤ族の生活を支えるものだった。
 白いウユニ塩湖と青い空白い雲。いいなぁ~。ぼ~っと見ていたい。

 ちょっとだけモン・サン・ミッシェルの紹介。空撮だから、海に浮かぶ島である様子がよく分かる。私が行ったときは砂に囲まれていましたが…。

 2番目は高橋克典さんがマダガスカルへ。バオバブだ。旅友がマダガスカルへ行って撮影した映像で見たなぁ。場所は違うのかな?
 モーター・パラグライダーですか。高橋さんは飛ばないの?モーター・パラグライダーから見るとバオバブの数は随分多いのですね。想像してたよりずっと多い。
 世界最大のバオバブは一言、「大きい!」
 ギザギザの山、何?霜柱みたい。ツィンギという自然保護区らしい。
 おぉ!シファカ。旅友が喜んで撮影してたゾ。
 ツィンギの針のような岩と岩の間。迷路みたい。と思ったら、ナレーションでも「迷路」と言った。(笑) 渓谷にかかる釣り橋、すみません、私には怖くて渡れません。ひょえ~!!(@_@)
 展望台から見た景色。圧倒される。モーター・パラグライダーからの映像、私はバオバブのより、こちらのツィンギの映像のほうに迫力を感じて好みです。

 3番目は石原良純さんが飛ぶ東京湾。

 最後は伊藤淳史さんがビキニ環礁へ。ビキニ環礁、それは重い人類の負の記憶の場所。
 人類が立ち入らなかったことによって自然が甦った皮肉。胸が痛い。

 ニューカレドニアのハートの模様はツボでした。

 

 何故、番組の合間に、放送している番組の番組宣を入れるのでしょうか?

エルスハウトの風車群

 BS-iの「THE 世界遺産キンデルダイク~エルスハウトの風車群~」、5月25日にTBSで放送されたときは、タイミングが合わなくて見られなかったので、本日、BSにて視聴しました。
 地上波とBSで曜日と時間をずらして放送してくれるとこういうときに助かります。

 風車は昔からオランダになくてはならないものだったのですね。風車の黄金時代に1万余りあった風車も現存するのは900余り。およそ10%。その数字を少ないと見るか多いと見るか。
 チューリップを投機の対象とした時代にも少々ふれて、17世紀のオダンダ海運の黄金期の現出にも風車が大きく貢献するなど、歴史的背景もあり、風車のある風景と相まって興味深く見られました。

 

 1999年にオランダ・ベルギーを旅行したときにゼーンセ・スカンスの風車は見たけれど、キンデルダイクは訪れていないので、次にオランダ・ベルギーを訪れることがあったら、キンデルダイクにぜひ行きたいと思っています。

2008年5月30日 (金)

それはどうかと…

 そろそろ次の旅行計画も本腰を入れて探したいので某旅行会社から送られてきた旅の機関紙を眺めていると目に入ってくるのが“燃油サーチャージ”です。

 ツアーにもよりますけど、ヨーロッパ方面だと「燃油サーチャージ2万円~5万円」!のものが散見されました。この金額って…、とつい思ってしまいます。

 maxの5万円だとしたら、近場の海外である韓国とか台湾へのリーズナブルなツアーなら2泊3日とか3泊4日で行けてしまう金額ではありませんか。

 昨今の原油高騰のあおりをもろに受けています。

 はぁ~、今年の旅行の目的地がなかなか決まらない……。

2008年5月28日 (水)

祝☆1万ヒット

 本日、このブログの本館の旅行記HP「みや’s World」が、めでたく1万ヒットを記録いたしました!(^^)!

 これからもマイペースで旅行してその想い出を綴っていきたいと思っていますので、今後ともよろしくお願いいたします。

2008年5月27日 (火)

もうすぐ1万ヒット

 このブログの本館の拙ホームページが今日か明日には1万ヒットに達します。

 とことんマイペースのゆったり更新のホームページ。3年がかりで1万到達です。

 今までお越しいただきました皆さま拙いホームページにお付き合いくださいましてありがとうございます。
 これからもポワ~ンと更新してゆくはずですので、よろしくお願いいたします。

2008年5月26日 (月)

薔薇づくし

 オープニングガーデンを開催されているお宅のお庭を見学に伺いました。

 色とりどりに咲き乱れる数十種類のバラ。ミニバラ、つるバラ、普通のバラ、一重のバラ、などなど。丹精込めてますね~。いやぁ、眼福眼福。至福のひとときです。

 バラは病気になりやすいので難しいそうなので、愛情と時間と手間を注いでいるお庭なのが一目で見てとれます。
 私は…足元にも及ばないものの、マイペースでがんばります♪

2008年5月25日 (日)

コミックス版「彩雲国物語3」

 雪乃紗衣さん原作の「彩雲国物語」を、小説のイラストを担当されている由羅カイリさんがコミックス化している「彩雲国物語」の3巻を読破しましたので、煩悩爆裂な感想いきま~す!

 これって5月26日発売予定なのに、今日、本屋さんに行って新刊コーナーを何気なく見たら置いてあったのですよ。何故?

 燕青が~、「黄金の約束」では小汚い感じのイラストだったのが、コミックスでは大汚いですね。(笑) 燕青と静蘭の絡み、マジ好きです。いい味だしてる~♪
 でも、燕青が秀麗におにぎり持っていったシーンで、原作にある燕青の年齢を秀麗がどう思ってるかのシーンがカットされてるのが悲しい。あのシーン、燕青がショックを受けた顔を漫画で見て見たかったです。(:_;)

 黄奇人(鳳珠)と景侍郎は、特に原作のイメージ通りで、これと言って突っ込みどころがないような気がします。

 “おじさん”紅黎深も初登場。紅秀に“おじさん”と呼ばせて笑み崩れる紅黎深。壊れた紅黎深。にへらにへら~。!(^^)! 超超超!超ブッキー(*^^*) でも、愛する姪に“おじさん”と呼ばれて胸キュンの黎深、可愛~い☆
 秀麗の「奇人の同期の変人」に爆笑してしまいました。(^^)v
 しかし、奇人も黎深にだけは「あいつは加減というものを知らないから」とは言われたくないでしょう。
 「私は私のしたいことをする」というのは非常に黎深らしいのですけど~。

 朝儀で、劉輝が「女人国試導入」を最初に言い出したとき、原作ではイラストなしで明示的に表されていませんでしたけど、コミックス版では、しっかり奇人、黎深、孫凌王、管飛翔、蔡尚書が顔を揃えてましたね。そのシーンを見て改めて「あ、そっかぁ」などと思ってしまいました。

 原作とはまた一味違った楽しみ方のできるコミックス版。4巻も楽しみにしています。

 ラスト24ページについては、描きおろしなのでネタバレにならないように感想は自主規制します。と言いつつ、童謡のイラストが可愛い♪と書いてしまおう☆

 

2008年5月23日 (金)

いきなり初夏の陽気

 ほんの1週間前には肌寒くてウィンドブレーカーなど着ていたと思ったら、いきなり初夏の陽気でもう暑いです。お天気は本当に分かりません。

2008年5月22日 (木)

「望月弥栄」 読了

 宮乃崎桜子さん著「斎姫繚乱シリーズ 望月弥栄(もちづきのいやさか)」読み終わって感想を語ります。

 タイトルからして最終話?と思いながら読み始めたこの作品。これが最終話ではなかったですけれど、自作が最終回となるようです。長かったなぁ。

 最終話に向けて怒涛の展開。まあ、威子が入内して道長の権勢も絶頂を向えたので、そろそろとは思ってました。
 今回の最大の選択をしてのは重家殿。宗像神社の姫神たちに生霊を異界に連れ去られている間に、身体はご神木と一体化していってしまっていたとは…。それを必死に元に戻そうとする宮と山の阿闍梨だったけれど、それを生霊として見て感じていた重家殿は自分が長屋王の魂が転生した者だと知り、前世を思い出せないまま、神木と同一化して重家殿のヒトとしての命を落とした後、月の姫香久夜にその魂を渡そうと決意する。切ない。

 重家殿と香久夜のやりとりは何となくホロリとするものがありました。これまでは、憎々しい憎まれ役を割り振られていた香久夜が、今作では何と純情で真直ぐな女性であることか。
 その香久夜に裏があると主張する宮の方が、駄々っ子に写ってしまいました。

 藤原氏が月の加護を放棄する和歌が、かの有名な藤原道長の絶頂を歌った歌を少々変えて使ったのが何とも心憎い演出。なるほどね~。と納得してしまいました。

 ヒトではない存在である月の姫香久夜はその動向を決めました。次回、最終回で宮が心を決める番です。予定調和になるのかどうするのか。次回、待ち遠しいような、長年読んできた作品が最終回を迎えるのは寂しいので、このままでいいような、不思議な心境です。

2008年5月20日 (火)

「花に嵐の喩えもあれど 魍魎の都」 読了

 本宮ことはさん著「花に嵐の喩えもあれど 魍魎の都」読み終わりました。

 この作品の主人公は碓井貞通。

 貞通の儚く激しく切なく辛い最初の恋の物語。

 なんだ、こんなに簡潔にあらすじが書けるじゃないか。>自分
 いや、これはあらすじではなく、簡単な作品紹介ですね。(苦笑) 自分で自分にツッコミを入れてみました。(^^;)

 貞通の女装には深くて重い理由がありました。…成人してからは、趣味が勝ってるような気がしないでもないですけど。

 諾子ちゃんと則光くんは冒頭とラストにちょっと登場するだけなので、諾子ちゃんと則光くんの怒涛の活躍は、この作品では読めませんでした。次に期待かな。

2008年5月18日 (日)

アルプスの山を空から見たくて

 17日の「世界!弾丸トラベラー」は岩佐真悠子さんがアルプスの山を空から見るために1泊4日のスイスへの弾丸の旅を敢行。

 チューリッヒへの直行便があるのに、パリ経由したのは、朝にチューリッヒに着くためかな。2泊にしてもいいような気が…。いや、それでは番組の主旨に反するのか。

 チューリッヒからルツェルン経由でインターラーケンへの車窓の風景も少し見てみたかったですね。天気がよくなさそうだったから、放送するようなスイス的映像が撮れなかったのかな。
 インターラーケンで観光馬車に乗ったり、リカーショップに寄ったりはどうでしょう。あ、私はリカーショップでスモモのお酒をイルカの瓶でお買い上げしたいな。(*^^*)

 インターラーケン市内のヴォーリバージュ(?)でしたっけ、豪華なホテルに岩佐さんは宿泊されたようですが、山間のヴェンゲンあたりの小さめのシャレーに泊まってもスイス気分にひたれた映像になったのではないかな。などと言っている私自身が2006年にスイス旅行したときはインターラーケンのごく普通のホテルに宿泊したのですけど。(笑) まあパラグライダーするのが目的ですから、インターラーケン宿泊が常道でしょう。インターラーケンの街中で上空を飛ぶたくさんのパラグライダーを見たのを思い出します。
 2006年の旅行のときにチーズフォンデュは食べているので、食べていないアルペンマカロニが非常においしそうで心惹かれました。リンゴ好きはあのリンゴのソース(?)にトライしてみたい気満々です。

 パラグライダーは、私は高所恐怖症なのでとても景色を楽しむ余裕はないです。でも~、スイスアルプスを背景にしたパラグライダーで飛んでいるあの記念写真はいい記念になりそうなので欲しい~!です。

 えっとぉ、先週のカッパドキアの放送のときのほうがテンションが高かったですね。(爆)

2008年5月17日 (土)

知っとこアンタルヤ

 朝食を摂りながらザッピングしていてTBSでリモコンを押す指が止まりました。

 ん?トルコ?アンタルヤ?

 「知っとこ!」という番組内で、トルコのアンタルヤを紹介していたのです。

 旧市街のお土産物屋さんの並ぶ風情、隠れ家的カフェの南国の花さく店先、もう!私好み爆裂です♪オレンジジュースはお腹と相談かな…でもすご~くおいしそう。清潔そうなとこなら大丈夫かな。
 晴れの日が年に300日。南国の空にオレンジ。コントラストがビューティフル☆
 旧市街を散策して、カフェでチャイするだけでも充分楽しめそうな街。

 アンタルヤかぁ。2007年のトルコ旅行する前のパンフレットをたくさん見てる段階で地名は見たけれど、具体的にどういうところか調べたことなかったです。
 いつかいつか、カッパドキアを再訪するチャンスを得たときのために、心の中にメモメモしておきたい場所を見つけました。(*^^*)

2008年5月16日 (金)

「遠野殺人事件」 読了

 内田康夫さん著「遠野殺人事件」 読み終わりました。この作品は内田先生の作品としては稀少品の部類で、浅見光彦シリーズでも竹村警部(信濃のコロンボ)シリーズでも岡部警部シリーズでもありません。それが1983年刊行なのにこれまで手が出ていなかった最も大きな理由でしょう。

 遠野署の吉田刑事と第1の被害者の親友の女性・留理子(東京都内在住)の2人のコンビにより事件が解決されていきます。
 数多の側面から発想を飛躍させることができる留理子が静で、その留理子の発想から裏づけを取る吉田刑事が動というタイプ分けになるのかな。

 留理子の直感力・発想力・微妙なところに気づく力が、そのときどきで事件の大きなターニングポイントを作っていきます。もちろんそれを補完する吉田刑事の捜査力があってのことです。でも、それが結果的に留理子個人にとってあまり幸せではない結末へと進んでしまいます。

 犯人的には、登場した途端何故か「あ!この人が犯人だ!」と思ってしまった人が犯人でした。まだ殺人事件が起きていない段階なのに。(^^;)
 テレビだと俳優さんで犯人の目星がついてしまうことってあるじゃないですか。それが文字だけの小説でなのは、かなり登場の仕方からして、これはアリバイ作りのためじゃないかなと思わせるものがあったからです。

 “遠野”といいつつ遠野での捜査よりも東京での捜査に力点が置かれていますが、遠野の風景を感じさせる描写が多々ありますので、遠野のイメージはかなり膨らませることができました。

 25年前の作品ですので、新幹線の発着駅等に時代を感じさせるものがありますけれど、かなり読み応えのある作品です。

2008年5月14日 (水)

本当にウィンドブレーカー

 朝から冷たい雨。これはもうウィンドブレーカーを着るしかないでしょう。まさか本当にウィンドブレーカーの出番になろうとは……天気予報を少し甘く見過ぎていたみたいです。(^^;)

2008年5月13日 (火)

季節が?ヵ月逆戻り

 天気予報によると、今日の最高気温は3月下旬の最高気温だったそうです。

 寒いはずです。あまりのブリザードに朝夕、震えてしまいました。明日は今日よりは暖かい予報ですけれど、変に見栄をはらずに明日は春物のウィンドブレーカーを着ることも考える方がいいかもしれません。

 

 みやの旅行記サイトみや’s Worldが、はみさんのサイト「ランズエンド通信」にリンクしていただきました。ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。m(_ _)m

2008年5月12日 (月)

四川省で大地震

 ここのところ地震が頻繁に発生して怖がっていたら、帰宅して何気なくテレビをつけると四川省で大地震が発生したニュースをやっていました。放送されていた画像は成都の模様でした。

 学校などが倒壊して、児童・生徒がケガをしたり瓦礫の下に生き埋めになっていると報道されています。生き埋めになっている方々が無事で救出されること、被害が少しでも小さいことを祈っています。

2008年5月11日 (日)

らくだ

 旅友からチュニジア旅行のお土産のラクダのぬいぐるみと地元の名物のナブール焼きの壁掛けタイルをもらいました。タイルの絵はモスクのある街の風景です。いい感じです。どこに飾ろうかな。

 ラクダはですね~、お腹の部分を押すと、地元の歌が鳴りだしてラクダの目が光るようになっています。結構騒々しい音楽です。ゆえに、このラクダのぬいぐるみの名前は“あんな”に決定!しました。(笑)

 旅友のチュニジアの感想は、「遺跡が保存状態が良くて、いい遺跡がたくさんある!」でした。遺跡にそれほど興味がない旅友が、遺跡がよかったと興奮して土産話を語るほど遺跡がよかったというのはかなりのモノなのでしょう。
 それとバルドー美術館が超お勧めで、遺跡を見る前と後だったら、「後に見る方がお勧め」だそうです。

 ちょっと食指が動きます……が、……チュニジアより、シリア・ヨルダンの方が先かなぁ~という気もします。ヨルダンのペトラ遺跡は、ぜひ見てみたいのです。
 あと、イスラム系のお食事があまり得意ではないので、その辺で気持ちにブレーキがかかってしまいます。食事は旅行の重要なファクターですものね。(ちなみにこの旅友もシリア・ヨルダンは未訪問です)

 行くにしても、もう少し先になるのでしょう。

2008年5月10日 (土)

1泊4日でカッパドキア

 今夜の「世界!弾丸トラベラー」は佐藤めぐみさんが1泊4日でカッパドキア旅行しました。 

 ほぼ1年前にトルコ旅行しているので、テレビガイド誌でこの放送があるのを知ったときから、「見るゾ!」と決めて待っていた番組です。
 わ~い!カッパドキア♪かっぱかっぱ☆きのこ岩(*^^*)

 イスタンブールからカイセリに飛んで、カイセリからバスでユルギュップですか。
 あ、ギョレメ展望台!ここ行きました!私が行ったときは雪が降ってましたけど…。ウチヒサールもカイマクル地下都市も。懐かしい~、きゅわい♪地下のワイナリー☆ローズバレー!想い出します。
 ドンドルマ(トルコの伸びるアイス)はイスタンブールで食べましたっけ。(笑)
 軽い興奮状態。(笑)

 佐藤さんが夕食を食べたディムレットというレストランは行ってません。そこは佐藤さんはオーダーメイドの旅で私はパッケージツアーですから、ね。(^^;)
 岩窟ホテルのアナトリアンハウジズは、私たちが見学させていただいた岩窟ホテルとは違うホテルですね。アナトリアンハウジズの中を実際に見てみたいです~。

 気球は天候不順のため、佐藤さんは諦めざるを得ませんでした。
 私も次回、トルコに行くことがあったら、カッパドキアでぜひ気球に乗って上空から奇岩を眺めたいです。

 気球からの眺め以外はほぼ見たままの景色でした。

 カッパドキアを旅する映像を見ると、ついあれこれ夢を見てしまいます。

 いつか、きっと…。

2008年5月 8日 (木)

地震は何回?

 昨夜の地震が何回あったのか判りませんが、私が気がついて目が覚めたと思っているのは4回でした。

 「地震!」と目覚めてから一呼吸して、ガタガタガタ…恐怖でした。その為か、今日は体調ボロボロ。

 大地震の予兆でないことを祈っています。

2008年5月 6日 (火)

芸術都市パリの100年展

 芸術都市パリの100年展の見学記をアップしました。

 よろしかったらこちらからどうぞ。

2008年5月 5日 (月)

ルノワール+ルノワール展

 ルノワール+ルノワール展の見学記をアップしました。

 よろしかったらこちらからどうぞ。

2008年5月 3日 (土)

芸術の春

 同行者の体調も戻って、美術展巡りのリベンジ成功です。!(^^)!

 午前中に渋谷のBunkamuraで開催されている

ルノワール+ルノワール展

で、ルノワール父子の世界にまったりとはまった後、渋谷の紅茶のおいしいお店でランチしてから上野へ移動し、午後は

芸術都市パリの100年展

を鑑賞してからケーキセットをいただいきました。

 実に充実した1日でした。

 どちらの美術展もご年配のカップルが多く見受けられました。ざっくりした人出の比較だとルノワール+ルノワール展の方が3倍くらい人が多かったような気がします。

 ルノワール+ルノワール展には2005年にフランスに旅行したときに、オルセー美術館で観た「ブランコ」と「田舎のダンス」が来ていました。

 ちなみに個人的な趣味では、
ルノワール+ルノワール展 > 芸術都市パリの100年展
です。(^^;)

2008年5月 2日 (金)

喪われた道

 金曜プレステージ浅見光彦シリーズ31弾「喪われた道」(内田康夫さん著) フジテレビなので中村俊介さん主演の浅見シリーズです。

 しかし、金曜プレステージはこの春から時間帯が変わり、19時57分~21時49分に変更になって、最初から落ち着いて視聴するには難しくなってしまいました。元の21時からの放送に戻ってくれないかなぁ。

 山下善十郎さんとのやりとりと虚無僧の説明の展開が早い早い。さすがテレビ。

 今回のヒロインは宮地真緒さん。年齢的にはそんな感じなのかな。

 ご遺体の確認の直後にご遺族に声をかけるなんて、少々配慮に欠けているように思えますが……。怪しまれてもいたし方ないですね。

 雪江母上(野際陽子さん)に注意されたにも関わらず、刑事さんに締め上げられて陽一郎兄上(榎木孝明さん)に迷惑かけているような気がしますが…、光彦さ~ん。
 こちらの警察は「先生!」とか言って揉み手をしないからいいですけど。

 私が楽しみにしていた浅見邸を訪ねる刑事さんと対応する雪江母上のシーンは見事にありませんでした。はっはっは。そんなものですね。

 滝落の曲のことが虚無僧研究会のお寺のご住職の口から出たのは意外でした。その方が早くストーリーを進められるから?

 旭滝のシーンでは蝉時雨。ということは撮影されたのは夏?すると今年の1月に放送された浅見伝説3部作よりも前に撮影されたのではないでしょうか。それなのに放送は今。これはどういうことなのか。大人の事情?

 終戦時に隠匿された金の秘密と地震のときの秘密。あまり現実感が伴いませんでした。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »