2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 1泊2日の台湾 | トップページ | 波乱の花見 »

2008年4月20日 (日)

水を愛した街 イスタンブール

 今日の「THE 世界遺産」は、水を愛した街イスタンブール。

 1年前、このイスタンブールを旅した人間としては見逃すことはできません。

 番組はアジア側から始まり、旧市街へ進む。スルタン・アフメット・ジャミィ(ブルー・モスク)、アヤソフィア。
 アヤソフィアでは回廊にあるキリスト教の教会時代に作られ、モスクに改修されたときに塗りこめられたモザイクが紹介されました。そう、このモザイクの見事さ、必見です。(*^^*)

 CMあけはいきなりグランド・バザールでチャイハネ(日本でいう喫茶店)でチャイ(トルコ式紅茶)の出前風景。グランド・バザール内でチャイの出前を頼むなんて地元民でなければできません~。やってみたかったけどぉ。
 ヴァレンス水道橋は見てない!4世紀に作られた水道橋、こうして画面で見て見ると見逃したのが残念なほどの壮大さです。

 トプカプ宮殿は空撮ですか。苦労した水を真っ先に供給した場所として紹介。ハーレムの“皇帝の間”、見ました☆玉座のすぐ側の作られた蛇口。水をふんだんに流すことで富みと権力を見せつけたとか。なるほど。

 またイスラムの教義で、お祈りの前に身体を清める必要上、街の至る所に公共の水場が設けられているとも語られていました。

 地下鉄工事現場からは11世紀の木造の船の遺跡が見つかったり、建設工事のたびに新たな発見があるそうです。それはそうでしょうね。

 この番組、トルコ旅行する前に見たかったです!(笑)

 みやの旅行記はこちらからどうぞ。

« 1泊2日の台湾 | トップページ | 波乱の花見 »

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 1泊2日の台湾 | トップページ | 波乱の花見 »