2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 残念ながら | トップページ | 朔の月 »

2008年4月 3日 (木)

アテンションプリーズスペシャル オーストラリア・シドニー編

 フジテレビの「アテンションプリーズスペシャル オーストラリア・シドニー編」、連続ドラマのときに見ていたのでついつい見てしまいました。

 旅行好きは一応押さえておかないと、でしょうか。(笑)
 スリーシスターズの雄大な景色には少々食指が動いたのは事実です。
 ただ、ヨーロッパ大好き人間ですので、オーストラリアは行く機会があるかどうかは???ですね。

 洋子(上戸彩さん)は相変わらずはっちゃけてました。

 弥生(相武紗季さん)と関山ちゃん(大塚ちひろさん)の髪の毛の長さが連続ドラマのときと逆転していたのが少々違和感がありましたが、それも時の流れなのでしょうね。

 洋子はっちゃけてベタベタなストーリーで最後にグッとこさせるミエミエの展開なのに、何かに引き寄せられるかのように見入ってしまうのは何故でしょう?
 それにしても洋子、弥生と関山ちゃんを引っ張りまわしすぎ……。

 洋子たち3人組ももう中堅!になってそれぞれに人生の岐路に立っているのですね。
 「自分の壁は自分で乗り越えなくてはならない。」 何だかそのあたりのセリフは胸に応えます。

 三神教官(真矢みきさん)もステップアップ。時間は常に動いて行ってしまう。
 三神教官は次の職場でも戸惑うことためらうことがあっても、表面上は何気なく今までどおりにテキパキと仕事していくのでしょうね。
 洋子にとって三神教官いつまでも教官。2人のシーン、というか三神教官が画面のどこかにいると、シーンが引き締まって感じました。

 また何年かしてベテランになった頃にスペシャルが作られるのかなぁ。

« 残念ながら | トップページ | 朔の月 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 残念ながら | トップページ | 朔の月 »