2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« メヴラーナ博物館 | トップページ | 丕緒の鳥(yomyom6号掲載) »

2008年2月26日 (火)

「十津川警部 鳴門の愛と死」 読了

 「十津川警部 鳴門の愛と死」 読み終わりました。
 個人的にこの作品も最近読んだばかりの十津川警部シリーズの2作と同様、テレビドラマ化はしずらい作品のように思えました。

 そもそも物語の出だしからして、十津川警部がシロとした容疑者A氏が実はクロだとする著作をノンフィクションライターB氏が十津川警部に送りつけ、そこからA氏に対する再捜査を十津川警部が始めるのからして、「ありえない~」とつぶやいてしまった自分がいました。

 作品の半分も読まないうちに、「これはA氏とB氏が組んで一事不再理を狙ってる?」のではないかと勘ぐってしまいました。読者にそう思わせておいて、実は大どんでん返し!する趣向なのだろうなと期待して読み進めました。しかし!大どんでん返しなしのマジで一事不再理を狙ったA氏とB氏の思惑どおりことが進み、それに気づいた十津川警部が手出しできずにA氏は国外へ旅立つラストシーンでした。
 やはり、これってテレビドラマの十津川警部のイメージからするとマズイですよね~。演出と結末を変えれば、まだ「門司・下関 逃亡海峡」、「能登・キリコの唄」よりはテレビドラマ化できそうな感じではありますけれど。さて、どうでしょう。
 作品としても、読者が半分も読まないうちに「一事不再理」を疑うのはミステリーとしてマズイような気がします。

« メヴラーナ博物館 | トップページ | 丕緒の鳥(yomyom6号掲載) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« メヴラーナ博物館 | トップページ | 丕緒の鳥(yomyom6号掲載) »