2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 裾上げ その2 | トップページ | 健康には1日1万歩? »

2008年1月18日 (金)

熊野古道殺人事件

 フジテレビの金曜プレステージ特別企画浅見伝説三部作の第二弾「熊野古道殺人事件」 見ました。

 今週中は仕事が忙しくて、この番組を週末に見るのを楽しみに毎日を乗り切っていました。ミステリーが楽しみなのは人格を疑われるでしょうか。ん~、好きなジャンルのテレビ番組ということなので、いいですよね。

 浅見伝説3部作で「熊野古道殺人事件」が放送されると知ってから、「熊野古道殺人事件、読んだことあったかなぁ?」で、図書館で手に取るとすぐに読んだことがあるのが判りました。タイトルでは思い出せなかったものも、“補陀落渡海”と“ソアラ大破”のキーワードがあればすぐにピンときました。この2つのキーワードは実に大切です。

 伊東四朗さん演じる軽井沢のセンセの友人役で、内田康夫さんご夫妻が出演されていたのはお正月ならでは、もしくは浅見伝説3部作へのご祝儀でしょうか。その演技に関しては…演技は素人さんですから、ね。

 私の記憶だと、和歌山熊野古道に行ったのは浅見光彦(中村俊介さん)と軽井沢のセンセ(伊東四朗さん)だったはず。それがドラマだと藤田編集長(小倉久寛さん)と同行してます。あっれ~?

 犯人はとよた真帆さんが演じられていた教授の奥さまだったわけですけど、あの動機で犯行を行うのは少し弱いような気がします。う~ん、ちょっとその心理が理解できないです。

 えっと、テレビではよく分からなかったのですけど、雪江ママ(野際陽子さん)が「あなた、同じクルマを買ったの?」と言うからには、ソアラさんは大破したのですよね。そして、新しいソアラは軽井沢のセンセの「プレゼント」なのですよね。ふむ~。

 今回は、夏八木勲さんと伊東四朗さんの熟年俳優ガップリ四つに組んだストーリーでした。小倉久寛さんの藤田編集長はいつものようにコミカルでした。

 2時間、ぼ~っと幸せにテレビ鑑賞できました。

« 裾上げ その2 | トップページ | 健康には1日1万歩? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 裾上げ その2 | トップページ | 健康には1日1万歩? »