2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 裾上げ | トップページ | 後ろ髪を引かれる »

2008年1月11日 (金)

耳なし芳一からの手紙

 フジテレビの金曜プレステージ特別企画浅見伝説三部作の第一弾「耳なし芳一からの手紙」

 内田康夫さんの原作はかなり前に読んでいますので、どういう展開になるのかは把握しているので安心して(?)見ていました。

 「耳なし芳一からの手紙」の原作の初刊は1990年に刊行されているので、今から17年以上前ですか。17年も時代設定が違うと、戦争・戦中・戦後の年齢関係が微妙に不思議になりますね。戦中に女学校の生徒だった雪江ママは戦後62年以上経った今はいくつ?…77歳前後?……とすると永遠の33歳浅見光彦は雪江ママが一体いくつのときのお子さまなのか…と、物語の本筋とは全く違うことを一生懸命計算してしまいました。(笑)

 松本莉緒さんのあまりの日焼けぶりにビックリしたのは私だけでしょうか?(笑)

 野際陽子さんはもちろん、池内淳子さんも長山藍子さんもお若くてお綺麗で、75歳以上の役の設定(のはず)なのが信じられないほどです。
 犯行の動機を語る夕陽の中の池内淳子さんとそれを見守る長山藍子さんはうっとり見とれるほど美しく輝いていました。今夜の「耳なし芳一からの手紙」は女優陣の競演で、中村俊介さんはタジタジかな。

 50年以上、裏切られ続け、踏みつけにされ続けた怒り、悲しみ、憤り。50年以上、胸に秘め続け、愛し続けている(最初の)夫。胸が痛い。

 

« 裾上げ | トップページ | 後ろ髪を引かれる »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 裾上げ | トップページ | 後ろ髪を引かれる »