2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« サフランボル | トップページ | うれぴょんな »

2007年12月10日 (月)

「つくもがみ貸します」読了

 畠中恵さん著「つくもがみ貸します」読み終わりました。

 最初にこの本を目にしたときは“つくもがみ”の言葉で、てっきり「しゃばけ」シリーズだとばかり思って手にしました。ところが、さにあらず。深川の出雲屋さんという古道具屋兼損料屋さんのお紅(こう)さん・清次(せいじ)さんの姉弟が主人公のお話しでした。

 蘇芳(すおう)をキーワードと縦糸にして

「利休鼠」
「裏葉柳」
「秘色」
「似せ紫」
「蘇芳」

の1話完結のお話しで構成されています。それぞれに起承転結がある独立したお話しになっているので、単独でも話しは通じます。が、順に読むと、“蘇芳”がどういうものかじょじょに明らかになり、「蘇芳」で大団円を向える構成です。

 予想通りのハッピーエンドでよかった~。

 出雲屋さんは商いが古道具屋兼損料屋さんなので、古くてよいもの=付喪神さんもたくさんいらっしゃる。付喪神さんたちを使って情報を収集し、姉弟…多くは弟の清次さんが情報を整理分析して推理して謎を解き明かす。

 出雲屋さんの付喪神のルール、それは出雲屋の姉弟に声を聞かせるのはOKだけど、姉弟に問いかけられても返事はしない。つまり会話はなし。(人間には声をきかせない)
 姉弟の会話で付喪神さんたちが興味を持つように水をむけて上手く働いていただく。
 付喪神さんが働いて情報を集めてくるのは「しゃばけ」シリーズと一緒か?

 でも、長崎屋さんの付喪神は若旦那と会話に応じるし、暇つぶしに将棋までお付き合いしてしまう。いるお家によってルールが違うのかな?と考えていたら、そっか、若旦那一太郎は大妖 皮衣さまを祖母に持つクォーターだから、いいのだ!の結論に達する。仁吉、佐助以外の長崎屋のお店の人からは姿を隠してますものね。うん。

 この本で、江戸時代に“損料屋”という商いが存在していたことを初めて知りました。200年前のことなのに知らない風俗が存在しているのですね。

 面白い本なので、ぜひ手にとってください。

« サフランボル | トップページ | うれぴょんな »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« サフランボル | トップページ | うれぴょんな »