2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

« 4日連続 春の旅 | トップページ | 彩雲国名言アワード2007 »

2007年12月13日 (木)

「魍魎の都 姫様、出番ですよ」 読了

 本宮ことはさん著 「魍魎の都 姫様、出番ですよ」 読み終わりました。

 「されど月に手は届かず 魍魎の都」の本編です。本編が番外編より後の発刊です。面白い試みですね。
 「されど…」の方はイラストがもろシリアスでしたので手にとらず、この「姫様、…」のポップな表紙に魅かれて読むことにし、まずは発売の順番どおりに「されど…」から読みました。

 う~ん、どちらから読んでもいいかもしれません。諾子と則光の出会いのシーンは、「されど…」が則光目線、「姫様、…」が諾子目線で描かれていて、あとから読むほうが、ふ~んこういう気持ちで応対してたんだぁって知る感じですか。

 私的にはポップで元気で弾けた諾子ちゃんの本編のほうが読み易いかなぁ。猫又の綾ちゃん(くん、かな)もプリティで可愛いし。

 あ、でも太郎丸くんと次郎丸くんのことがあるから、やはり発売順に読んだ方がいいかも。

 慶滋保胤さん、深いウラを背負ってるのを期待を山ほど膨らませてます。まさか安倍晴明さんだったなんてオチはなしですよ~ん。(笑)

 諾子ちゃんは「枕草子」の清少納言さまのイメージからはちょっとはっちゃけ過ぎかもだけど、気の強~いところはいい感じなので、それもありかもしれない、などと思っていたりします。

 さ、次は「幻獣降臨譚」シリーズです。(^^)v

« 4日連続 春の旅 | トップページ | 彩雲国名言アワード2007 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 4日連続 春の旅 | トップページ | 彩雲国名言アワード2007 »