2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 関口知宏の中国鉄道大紀行 秋の旅 ここまできました | トップページ | フランス秋色散歩8 »

2007年10月13日 (土)

獅子身中の虫

 彩雲国物語 第2シリーズ第22話 「獅子身中の虫」

 原作「紅梅は夜に香る」終了です。早い!4話にぎゅっと凝縮するためにストーリーに直接関係のない、でも読者としては実はキャラの心情描写に溢れるシーンが見事にカットあれてしまい悲しいなぁ。

 好きなのですよね~。邵可邸で歩く劉輝と秀麗、それを見て猛然とスケッチをする歌梨と万里くん。アニメでも見たかったですね。

 三太!カッコイイ!今回も男を上げたね!茶州で更に男を磨いていい男になって帰ってきてください。その頃には可愛い彼女連れかな。(笑) っていうか、可愛い彼女を見つけて帰って来る方が彼のためには幸せでしょう。そうするほうがいいって三太。そうしないとこの物語、誰かを思って・思い続けて生きる人でてんこ盛りの物語になってしまう。

 牢の中でタンタンに眼とばす静蘭もいいけれど、今回のシーンで最もウケたのは、静蘭が秀麗に「私が大臣になるからあなたは将軍になって王のおしりをはたいて」のシーンです。何がって、

静蘭、女言葉と女口調で話すのが慣れすぎ!自然すぎ!上手すぎ!です。

 ということで、来週から「緑風は刃のごとく」です。セーガ登場。「緑風は刃のごとく」も4回くらいにまとめられちゃうのかな。楊修さん、セーガに眼とばして嫌味言うシーン期待して待ってます。がんばってください。あ~、このシーンもカットされちゃうとめげるかもしれない。

« 関口知宏の中国鉄道大紀行 秋の旅 ここまできました | トップページ | フランス秋色散歩8 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 関口知宏の中国鉄道大紀行 秋の旅 ここまできました | トップページ | フランス秋色散歩8 »