2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 隣の百合は白の表紙は | トップページ | 関口知宏の中国鉄道大紀行~秋編~「ジャラントン」 »

2007年10月27日 (土)

情けは人のためならず

 10月27日(土)放送 彩雲国物語 第2シリーズ第24話「情けは人のためならず」

 う~ん、やはりワイルドな楊修さんに違和感大です。私の中の楊修さんは切れ長の瞳、細い眉のヴィジュアル系の田舎者だったのですぅ。

 あの静蘭が秀麗に見つけられるようなところに桃色草紙を隠すようなドジを踏むはずがありません。というか静蘭は桃色草紙はつき抜けて、楸瑛の上を行ってるんじゃないかな。
 今日の静蘭は秀麗を目で落としたり、タンタンくんに「タン・タン・くん」と怪しく声をかけたりしてある側面の魅力が全開でしたね。

 や、今日のタンタンは静蘭との楽しい会話がはずみました。ところでタンタンが静蘭に声をかけられたとき「たけのこかいじん」っと言ったのでしょうか、それとも「たけのこかじん」と言ったのでしょうか。微妙に聞き取れなかったな。
 それにしても、タンタン、前回は清雅くんのことに気づいたり、今回は父上へのどこかからの差入れとすっごい頭が回転していてデキル男に見えちゃいますよ~。ちょっとタンタンが気づいてることに見てる側にああもはっきり見せるのは伏線としてどうかなぁ。

« 隣の百合は白の表紙は | トップページ | 関口知宏の中国鉄道大紀行~秋編~「ジャラントン」 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 隣の百合は白の表紙は | トップページ | 関口知宏の中国鉄道大紀行~秋編~「ジャラントン」 »