2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« 「刀語 第9話~王刀 鋸~」 | トップページ | 隣の百合は白 »

2007年9月28日 (金)

白の火焔-恋語り-

 青目京子さんの「白の火焔-恋語り-」読み終わりました。

 これも割合サクッと読めました。最初は前作みたいにヒロインが大分悲惨な目にあうのか心配しながら読み始めました。う~ん、ある意味、悲劇ではあるけれど、前作のヒロインよりも精神的ダメージは少ないような気がします。

 綾白と火焔の恋物語にしては心の奥底までどうかな~という気が……。特に綾白の心かな。火焔も家と立場と恋に揺れていても、それ以外って描かれてたのかなぁ。あるはずだと思うのだけど。
 高峯の火焔に対する態度も前半と後半で豹変したように感じられました。前半を読んでいる限り、あんなにあっさり婚礼の夜のトンヅラを許すキャラには思えないのですよ~。物語的にはそうしないと展開しないのは判りますけどね。終盤もケガした火焔を助けて匿って綾白に連絡取ったりする態度が、不思議でなりませんでした。

« 「刀語 第9話~王刀 鋸~」 | トップページ | 隣の百合は白 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「刀語 第9話~王刀 鋸~」 | トップページ | 隣の百合は白 »